交通事故の賠償額は弁護士に任せる

弁護士というのは法律のプロですから、様々な相談ごとを引き受けてくれます。
その中で交通事故による示談交渉などを行う際にも弁護士を頼る人がたくさんいるのですが、事故にあって、賠償請求をする際には賠償金額についても可能な限り弁護士さんに任せるようにしましょう。
とは言っても全てを丸投げして弁護士さんに任せるという意味ではなくらあくまでも最終的に自分が受け取る賠償金額について弁護士さんにお願いすることによって、最も高い酸素方法で金額が決まってくるといった理由があるからです。

交通事故の賠償額を決定するためには任意保険に加入していたかどうかによって自賠責保険島に保険のどちらかで計算されることになっています。
一般的にはこのイメージしか持っていない人がたくさんいるんですが、実はもうひとつ計算する際す方法があり、それが弁護士が定めている算出方法ということになります。
もちろん弁護士が定めているというのは法律的に決まってるものですから違法性のあるものではなく、前述した自賠責保険や任意保険よりも高い基準で計算してくれますので最終的な賠償金額も大きくなるといった運びになります。

保険会社から保証される賠償金についてご自身が納得できるのであればそれでなんの問題もなく、示談に応じればスムーズに解決ということになるのですが、被害者となってしまった際に少しでも保証金額を高くしてほしいと願っているのであれば弁護士さんに任せるのが1番と言えます。

弁護士特約は付帯させておくべし

上記のように弁護士の計算する方法が最も高くなりますので任意保険に加入する際には弁護士特約を付帯させておくことをお勧めします。
弁護士特約を付帯させるだけで月々の保険料金が高くなってしまうため、どうしようかと悩んでしまう人もいるようですが、万が一事故に遭ってしまった場合には弁護士特約があるかないかで大きな違いがあります。
必ずしも交通事故で示談にたどり着くまでスムーズに運ぶとは言い切れるものではなく、途中でトラブルが発生してしまうケースや、うまく示談が成立しないといった場合には当然ながら弁護士に相談しなければなりません。

また、先方が弁護士を立ててきた場合にも、こちらとして一般人が同じ立場で話をするのが難しくなってしまいますので、どうしても弁護士さんを立てなければ、うまく話が進まなくなってしまいます。
そういった意味でも弁護士特約を付帯させておくのは非常に大切なことと言えるでしょう。

個人の主張が通らなくても弁護士なら通る

様々な診断結果をはじめとして、その他賠償に関わる金額を決定していく上で個人的な意見というのは基本的に通るものではありません。
保険会社をはじめとして加害者側に個人的な意見を言っても聞き入れてもらえるものではなく、最終的には先方の保険会社の言うとおりにし対応しなくてはならないといったケースがほとんどです。
当然ながら保証というのは法律で決まっていることなので頭ごなしに無視をするという態度を先方が取ることができなくなり必要に応じて、医療機関での検査や沢山の保証問題についても見直し、そして計算のし直しが行われることとなります。

自分自身で示談に応じてしまうのではなく、このように弁護士さんを頼ることによって賠償金額が高くなる以外にもさまざまなメリットがあります。
また何よりも弁護士さんに相談できることで自分自身の精神的な苦痛や不安も大きく和らぎますので、こうした部分でも弁護士さんの力を借りるのは非常に重要なことだといえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする