交通事故の慰謝料を増額できた例

事故によって怪我をした場合にはある程度の期間、治療に通いますが、最終的には症状固定として打ち切られてしまうことになります。
その時に特定の症状があれば、後遺症認定を行うことができるのですが、特に後遺症はないとして、症状固定が決定しその後しばらく進んでいた場合でも、後になってから慰謝料の請求を行うことができます。
もちろん慰謝料の差額に関しては示談成立前の段階で金額について納得がいかないといったケースや休業保証などについても納得がいかないといったケースで最終的に増額になる事がありますが、特に後遺症に関してはとても簡単な検査を行った上で後遺症は認められないと言われてしまい、それ以上は自分がどんなに痛みや苦痛などを主張しても無理だと諦めてしまう人もいます。

しかしこれまで実際に慰謝料の増額を行っている人はたくさんいますので、どのようにすれば増額できるかについても知っておくと良いでしょう。
後遺症に関しては、見た目の怪我や症状だけではなく、体の内部的な症状に関しても近年では認められる傾向となっています。

事故後半年が経過してから家族が異変に気がついた

保険会社も含め先方との示談が成立した後これまでと変わりないように毎日を過ごしていた被害者の方が、ご家族の気付きによって後遺症認定をされたといったケースがあります。
このようなケースでは、高次脳機能障害やRSD といた症状になるのですが、交通事故に遭う前までは非常に物覚えの良かった被害者が交通事故などがほとんど何かを覚えることができなくなってしまい自分で大切にしていたものでも、どこに置いたのかわからなくなってしまうような日々が続いたことから、ご家族がもしかすると支障があるのではないかと精密検査をしたところ、高次脳機能障害が認められたといったケースになります。
このような検査は交通事故との因果関係をしっかりと結び付けなければならないのですが、それ以前の生活などについてビデオ撮影をしていた証拠やご家族の証言などによって医療機関側が精密検査を行ったからこそ、発見された後遺症だと言えます。

このようなケースでは一度示談が成立してしまった後でも改めて後遺症認定を行うことが可能なため、最終的に受け取ることできる慰謝料も多くなります。
もちろんここでの慰謝料というのは一度示談が成立していますので、あくまでも後遺症に対してとなりますが、後遺症に関しての慰謝料というのは一括で支払うものですから、分割になってしまう心配もなく長々と保険会社からの支払いを待っている中での精神的な負担も少なくなります

スポーツが出来なくなった

事故の被害者となるまで頻繁にスポーツを楽しんでいて被害者の方が交通事故によって怪我をしてしまいその後、怪我の治療のため通院をしながら症状固定が決定するまで特にスポーツなどを再び行うことはなく、示談に応じた後で、ある程度怪我が改善されご自身も元気になったと思った段階で再びスポーツを始めたところ事故の前と同じように体が動かず、少しでも無理に動かそうとすると激痛が走ることや、しびれが起きることなどから自分の体に異変を感じて精密検査を受けたところ、交通事故による後遺症の一つであるRSD が認められたといったケースになります。
こちらの場合でも示談が成立した後、事故と因果関係が認められたため後遺症認定が行われたと言うものになります。

もちろん全てのケースにおいて慰謝料の増額などができるわけではありませんが、特に上記したような後遺症については症状固定の段階で発見するのが難しく、発見するためには非常に高度な知識を持っており、さらには必要な精密検査などについてもしっかりと把握しているドクターでなければ不可能に近いと言えます。
当然ながら後からこのように後遺症認定が行われる際には症状固定を行った段階でドクターはどのような検査をしたのかといった部分に注目が集まりますので、このような部分で必要な検査を行わなかったことから後遺症認定を見逃してしまったという結果になり、改めての検査によって後遺症が認められたということになります。
症状固定を言い渡された場合には後になってこのようなことがあることも忘れず、自分の体の細かな変化などを見逃さないようにしましょう。
万が一でも異変を感じたりご家族から指摘された場合には、症状固定を受けた病院とは違った病院で精密検査を受けると良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする