ドライブレコーダーは事故被害者の味方

近年では路線バスをはじめとしてその他タクシーなどはドライブレコーダーを次々に設置しています。
一般的にはドライブレコーダーを設置するために費用も必要となってしまうため、現在では設置している人はさほど多くありませんが、万が一交通事故を起こしてしまった場合や、巻き込まれてしまった場合のことを考えると設置しておくのはとても良いことだといえるでしょう。

当然ながらドライブレコーダーは全てを録画していてくれますので例えば、交通事故の被害者になってしまい加害者が不当な主張を続けていてもドライブレコーダーの映像が全て物語ってくれるために加害者側の意見は通らなくなります。
交通事故が起きてしまうと加害者となった立場上、少しでも自分の過失を少なくしようと様々な文句を言ってきたり、事故の状況を自分の都合のいいように説明しすることがあります。
あまりにも加害者側が高圧的だったりすると気の弱い人は実際の事故の状況を素直に言うことができなくなり自分には必要以上の過失が割り当てられてしまったりすることもあります。

しかしドライブレコーダーがあれば、どんなに相手が高圧的でも映像から全てを読み取ることができるため、過失について正しい判断をすることができるようになります。
確かにドライブレコーダーを設置するには費用が必要になりますが、万が一の事故のことを考えれば、さほど大きな痛手とはならないでしょう。
反対にドライブレコーダーを設置していなかったばかりに、事故で自分自身が不利になってしまい、保証する金額などについても経済的に大きな痛手となってしまうケースがあります。専門的な意見が必要な場合は交通事故事件に強い弁護士に相談してください(京都の交通事故に強い弁護士の無料相談|京都グリーン法律事務所)。

レコーダーがあればすぐに警察に伝える

交通事故が起きた際には必ず警察に連絡を行うことになりますが、当然ながら警察は車内の状態も確認します。
ここでドライブレコーダーがあることに気がつくので万が一自分自身が病院に運ばれてしまったとでもレコーダの存在は把握してもらい確認してもらうことで、正当な過失の取り決めが行われることになります。
ドライブレコーダーが録画できる範囲というのは限られているものですが、まったくこのような物的証拠がないよりも物的証拠があるほうが自分自身を守ってくれることにつながります。

当然ながら自分が加害者になってしまった際にはその分責任を負わなくてはなりませんが、被害者になることを考えればとても大切な存在だと言えます。
自分が加害者になってしまうケースを考えても自分の過失ばかりが大きくなるのではなく、先方の過失もしっかりと考えられるため自分ばかりが沢山の責任を負わされてしまう事も少なくなります。
バスやタクシーなどの場合には交通事故だけではなく車内での様々なトラブルを防ぐためといった目的もありますが、一般車の場合にはやはり万が一事故が起きてしまった際には正しい情報の中から、双方での過失を決めていくためという目的を持っています。
これまではレコーダがなかったことによって双方の主張が食い違ってしまいトラブルに発展したり、過失についても大きな問題となっていましたが、物的証拠としてこのような印象を残すことができればここでトラブルになる心配がありませんので、その後の保証問題についてもどんな形であれしっかりと納得することができるでしょう。

前述した通り、相手の勢いに押されてしまい、本来自分が悪くないのに自分への過失が大きくなってしまうというのはとても理不尽な結果になってしまいますので、そうならないためにもドライブレコーダーは設置していた方が良いといえるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする